1. ホーム
  2. SHS外張断熱工法
  3. 工法の仕組み

工法の仕組み

SHS外張断熱工法では、屋根断熱工法を採用しているため、一般的な小屋裏断熱工法のように、小屋裏がデッドスペースになりません。物置を造ったり、構造の強度を高めて、屋根裏部屋を造るなど、様々に小屋裏の利用が可能です。天井が高く梁が見える住宅も可能です。また、水を吸いにくい断熱材を使用している為、断熱材が水を吸って住宅が腐るという心配もありません。SHS外張断熱工法の有利な特長の一つです。

SHS外張断熱工法概念図

◆青色部分は断熱材。小屋裏、基礎部分も全て断熱材で包まれ、内部結露の心配はありません。

◆赤色部分は気密・防湿層です。

温度と飽和水蒸気量の変化(外張断熱の例)

SHS外張断熱工法では、湿度の変化が主に構造材の外側で起こります。万一、室内の暖かく湿った空気が外気側に漏れた場合でも、壁内で結露が起きる可能性は、極めて小さくなります。したがってSHS外張断熱工法は、基本的に内部結露の心配が少ない断熱構造です。更に、外張断熱工法は気密・防湿層の施工が非常に容易で現場での施工ミスが極めて少ない工法です。

SHS断熱上面概念図

SHS壁面施工概念図

外張断熱とは?
高性能なSHSパネル
工法の仕組み
住まい方の工夫
ページのトップへ