1. ホーム
  2. SHS外張断熱工法
  3. 住まい方の工夫

住まい方の工夫

夏は太陽熱を遮断する工夫

高断熱・高気密性能が重要なのは、室内と室外を完全に遮断し、省エネルギーで室内の温度コントロールを可能にすることです。太陽の熱は、光と同じ性質を持ち熱線として放出されます。壁面の断熱性能が重要なのは太陽熱などの室外の熱を壁の中にため込まないようにするためです。断熱性能が悪い住宅は、外壁や天井にため込んだ熱を夜になってから室内に輻射熱として放出させます。さらに気密性能が悪いとクーラーも利かない、最悪の住環境になります。

気流のコントロールで夏・冬快適に

外気の移動する早さを風速というように、室内の空気の流動する早さを気流といいます。冬は、冷たい気流を起こさないようにしなければなりません。逆に夏は、気流がなければ発汗による水蒸気が飽和状態の層となって人体を取り囲み、いくら冷房しても不快さを感じてしまいます。夏の室内には、適度な気流を作る必要があります。気流はドラフトともいわれ、断熱が不足している冬の窓辺などでは、外気に冷やされた空気が下方にスーと流動する現象があります。これをコールドドラフト現象といいます。室内の気流は、0.5m/s以下におさえることとされていますが、実際には0.3m/sぐらいで肌に気流を感じます。住宅の高断熱・高気密化は計画換気によって、気流のコントロールが人為的に出来る住宅にするためでもあります。

冬は床や壁面を暖める

不快な結露の発生や冷輻射の発生を防ぎ、快適な温熱環境を守るためには、高断熱・高気密性能によって壁を冷やさないことが最も重要です。夏とは逆に、冬は壁面の方が冷たくなり人体から壁面の方に熱が奪われて行くので寒く感じます。これを冷輻射現象と呼びます。この冷輻射を防ぐためには、壁面の断熱性能が高くなければなりません。冬の暖房のコツは壁面や床を暖め、夏とは逆に輻射熱を利用することです。エネルギー消費が少なく効率的な暖房をするためにも高断熱・高気密性能が最も重要な住宅建築技術になります。

気流の理想的な分布を計算した給気口

人が感じる速さの気流が直接当たると、冬は寒さや不快さを感じる原因となります。気流分布で大切なことは、人が風力を感じない程度の気流が、建物全体及び部屋のすみずみまでいきわたるようにする事です。計画換気で室外の空気を取り入れる場合も、取り入れた外気と暖房熱がどのような気流を作り出すのか、考えておく必要があります。換気の風量測定は、空気の清浄化ばかりではなく高断熱・高気密住宅の場合の冷暖房にも関係してくる重要な要素となります。

冬の室内温度コントロールは対流の計算で

熱が流体の動きとともに移動する現象を対流といいます。お風呂を沸かすときには水が流体となり、室内では空気が流体となって温度を上昇させていきます。高断熱・高気密住宅では、計画的な換気と暖房器具の選択で、省エネルギーでより効果的な対流をあらかじめ計算して算出する事が可能になります。

快適な住宅環境は熱のコントロールから

夏涼しく、冬暖かい住環境を造るためには、住宅内の空気熱のコントロールが最も重要です。SHS外断熱工法は、輻射熱・熱伝導・対流・気流など、主に室内空気に含まれる熱を高断熱・高気密・計画換気の総合力でコントロールし、快適な住環境を創り出す最新の住宅施工システムです。

体感温度と室内温度の関係

体感温度とは、まわりの温度が体温よりも低ければ、人体と空気の間に温度の差が生じるので、対流による熱の発散が行われます。空気温度が低いときには、まわりの壁や床の表面温度も低くなるので、輻射による熱の発散も行われ、実際温度よりも低温に感じます。まわりの空気の温度が体温に近くなると、人体との温度差が小さくなり対流や輻射による熱の発散が充分に行われなくなり、今度は発汗による潜熱の発散で体温調整を行います。湿度が高いと発汗による蒸発が充分に行われなくなり、不快な気持ちになります。夏の室内では、クーラーの除湿によって潜熱を発散させて体感温度を下げることができます。

外張断熱とは?
高性能なSHSパネル
工法の仕組み
住まい方の工夫
ページのトップへ