1. ホーム
  2. イベント
  3. トピックス
  4. フラット35

トピックス

現在の「フラット35S」の金利引き下げプラン

【フラット35】Sには、【フラット35】Sエコ(金利Aプラン)、【フラット35】Sエコ(金利Bプラン)、【フラット35】Sベ-シック(金利Aプラン)及び【フラット35】Sベ-シック(金利Bプラン)の4つの金利引下げプランがあります。プランによって、金利引下げ期間、金利引下げ幅、融資率の上限及びお申し込み期限が異なりますのでご注意ください。

【フラット35】S(優良住宅取得支援制度)の金利引き下げ幅

金利タイプ 金利引き下げ幅 融資率上限

【フラット35】Sエコ
(金利Aプラン)

当初5年間:年▲0.7%
6年目以降20年目まで▲0.3%
10割

【フラット35】Sエコ
(金利Bプラン)

当初5年間:年▲0.7%
6年目以降20年目まで▲0.3%

【フラット35】Sベーシック
 (金利Aプラン)

当初10年間▲0.3% 9割

【フラット35】Sベーシック
 (金利Bプラン)

当初5年間▲0.3%

(※)制度拡充終了日は、現在のところ、平成24年10月31日を予定していますが、【フラット35】Sエコには予算金額があり、予算金額に達する見込みとなった場合は、制度拡充終了日を前倒しすることとなります。
受付終了日は、終了する約3週間前にフラット35サイトでお知らせします。

テクノストラクチャー採用の住宅は全棟、「日本住宅性能表示基準・「耐震等級3」認定取得の性能保証住宅です。

【フラット35】S(優良住宅取得支援制度)の活用が可能です。
Question
テクノストラクチャーを採用するメリットは何ですか?
Answer
最高の耐震性能が認められ「フラット35」S等が利用可能になります。

国が認定した高耐震住宅のメリット

テクノストラクチャーを採用していただいた住宅は全棟、日本住宅性能基準「耐震等級等級3」の認定を取得して性能を保証している住宅です。「耐震等級3」は、住宅の強度・耐久性、耐震性能に直接関係する大切な命と財産を守る性能です。この様な高性能住宅に対する特典として国では、公的融資(旧公庫)で、「耐震等級3」を取得している場合には、下記に解説している「フラット35」S(スペシャル)、優良住宅取得支援制度の優遇金利1%~0.3%の割引を利用できる特典を持って優遇しています。将来的にも現在様々に検討されている高耐久、高性能住宅に対する所得税減免や高性能住宅に関連する様々な優遇が受けられるものと予測されます。公的融資ではなく、様々な市中金融(銀行融資)を利用する場合にも、火災保険が格段に安くなる等の特典もあります。是非、ご相談下さい。

「テクノストラクチャー・耐震等級3」設計図書と認定書

表紙

表紙

設計図書

設計図書

設計図書

設計図書

認定書

認定書

保証書

保証書

 
Question
[日本住宅性能表示基準・耐震等級3]認定取得には具体的に現在、どんな特典がありますか?
Answer
「フラット35」Sの[優良住宅取得支援制度]で融資金利が優遇されます。

「耐震等級3」の認定は、「着工前のもの」の表に当たります。優良住宅取得支援制度の適用を受けるためには、検査機関に対し物件検査の申請を行い、優良住宅(優良住宅取得支援制度の基準に適合する住宅)の適合証明書を受けることが必要になります。申請に必要な図書を鳥谷部建設が国の認定機関に提出し、審査機関による設計検査・中間現場検査が行われて「耐震等級3」の最高等級が認定されます。これにより公的融資「フラット35」の利用が可能になるほか、さらに「優良住宅取得支援制度」による優遇金利を利用することが出来ます。「フラット35」Sを利用されない場合も、火災保険の大幅な割引など、公的に認定された優良住宅であるという確信を持っていただけます。

着工前のもの
申請可能時期 着工前のものの申請可能時期
必要な手続き 設計検査、中間現場検査及び竣工現場検査を申請し、優良住宅の適合証明書の交付を受けて下さい。
着工済みのもの
申請可能時期 着工済みのものの申請可能時期
必要な手続き 設計検査、中間現場検査及び竣工現場検査を申請し、優良住宅の適合証明書の交付を受けて下さい。ただし、中間現場検査申請可能時期までのものに限ります。
建設住宅性能表示取得のもの
申請可能時期 建設住宅性能表示取得のものの申請可能時期
必要な手続き 評価書により「フラット35」の基準及び優良住宅取得支援制度の基準に適合することが確認出来るものについては、設計検査・中間現場検査が省略されますので、竣工現場検査を申請し、優良住宅の適合証明書の交付を受けて下さい。

新築住宅・一戸建て住宅等の優良住宅取得支援制度の物件審査

イベント
トピックス
ページのトップへ