とりやべホーム
  1. ホーム
  2. とりやべホーム
  3. 元気の出る家

元気の出る家

元気の出る家とは。

住宅が高断熱化すると脳血管疾患は確実に低下します。

上のグラフは、厚生労働表が公表している平成7年(1995年)、平成12年(2000年)17年(2005年)、平成22年(2010年)の脳血管疾患の都道府県別年齢調整死亡率です。
このグラフでも判るように、脳血管疾患の死亡率は、各県とも年々減少しています。平成7年の段階では、宮城県は、男女ともに日本一の脳血管疾患の死亡率でした。
脳血管疾患は、東北の中でも秋田や青森、岩手など寒くて、しかも塩分取りすぎ地域が最も多いだろうと思っていたと思いますが、実際には、宮城県が日本一の不名誉な罹患率だったのです。しかし平成12年(2000年)の調査では、男女とも急激に減少しています。これは、何を物語るのでしょう。これこそ住宅性能の向上の成果なのです。前年の平成11年(1999年)には、次世代省エネルギー基準が住宅の新基準となりました。
青森県の場合は、宮城県と比較すると宮城県の男性の脳血管疾患が、年々減少して行くにもかかわらず、取り残されたかのように高位置をキープしています。これは秋田県と比較しても高率で、宮城県では断熱基準の改正と共に断熱性能が改善・向上し、結果的に脳血管疾患や脳梗塞が減少しています。
青森県の場合は岩手県と共に、断熱基準が高くなっても全く住宅の断熱性能が改善していないことを示しています。住宅の高断熱性能は、省エネなどよりも家族の命を守るために必要な技術なのです。
宮城県は、平成4年(1992年・新省エネ基準:等級3)、以来、調査年の平成12年の前年に施行された平成11年(1999年・次世代省エネ基準:等級4)、までの間に住宅の温熱環境を格段に高めていたのです。
全国と比較すれば判るように、それでもまだ全国的には、高レベルの水準にあります。宮城県と同じように福島や茨城、栃木、群馬県なども脳血管疾患が多いのですが、これは、鹿児島や高知県の例とも一致しています。この地域にお住まいの皆さんは、自分が住んでいる地域が雪もあまり降らない暖かい地域で冬もあまり寒くないと感じているのです。
「家のつくりようは、夏を旨とすべし」という吉田兼好が「徒然草」で述べた通りの夏型の住宅を実践してきた地域です。確かに夏は暖かい地域ですが、日本の冬は、南国の鹿児島でも零度以下を記録する日数がトータルで一週間程度はあり、積雪もあります。室温が10℃以下になる日数は、トータルで一月ぐらいは、有るものと考えなければ成りません。それが脳血管疾患の発症を促してしまうのです。従って、家のつくりようは、断熱や気密施工をしっかりと行って、その上で夏場対策を考えることが基本なのです。そうすることで夏も冬も省エネルギーで快適、しかも健康な住空間が生まれるのです。

元気の出る家
気密と換気
窓(開口部)
ページのトップへ