とりやべホーム
  1. ホーム
  2. とりやべホーム
  3. 気密と換気

気密と換気

24時間計画換気システム

ダクトレス換気と集中排気の違い

鳥谷部建設ではダクト式第3種計画換気装置を推奨しております。計画換気は、建築基準法で設置が義務づけられていますが、ダクトレスの第1種換気装置はお勧めできません。正確な換気が出来にくいからです。また、エアコンなどとの併用型換気装置もありますが、これらもお勧めできません。換気は、住宅にとっては最も重要な要素の一つです。また換気装置は、住宅の気密性能と密接な関係があります。気密性能が悪い住宅では充分な計画換気は行えません。ダクト式第1種換気は熱交換装置で省エネルギーシステムではありますが、イニシャルコストやメンテナンスの面で推奨していません。

集中排気システム(第3種換気)

ダクトレス換気システム(第1種換気)

右上図、ダクトレス換気システムが一般的な局所換気の例です。このような換気装置は、換気量としては申し分ない換気方式ですが、壁に大きな穴をあけてしまうために、断熱・気密性能が不十分になってしまい、エネルギーの消費が大きい、夏暑く冬寒い住宅になってしまいます。

輻射式暖房システムを採用

鳥谷部建設は、暖房方式として床暖房、蓄熱式暖房、温水パネルヒーターなどの輻射式暖房を推奨しています。これらの暖房方式は、石油ストーブのように室内空気を燃焼に使用せず、室内空気を汚すことなく、さらに火種がないので火災の危険もない優れた暖房方式です。これらの暖房方式は、高断熱・高気密性能を持つ高性能住宅で初めて実現できるクリーンな省エネルギー暖房方式です。

元気の出る家
気密と換気
窓(開口部)
ページのトップへ